Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

コンサートまであと一週間

f:id:twistedtongue:20161103014721p:plain

 

コンサートまであと一週間になってしまった。

 

なのに、ソロパートにまだ自信が持てない。

未だに、高音を外すことがある。今日のリハーサルでも外した。

私の場合、リハーサルで外すなら、本番でも必ず外す。

 

音楽以外は、本番で思った以上の結果を残せることがあるのだけれど、

音楽では、ない。大体、予想どおりのパフォーマンス。

 

しかも、今週後半は出張が入っており、本番まで練習できる時間が限られている。

どうしても自信が持てなかったら、ソロパートのみプリンシパルのトムに吹いてもらうことにする。情けないけれど仕方ない。

 

本当は自分で全部吹きたいけれど、そんなことは言える立場ではない。

プロでもないのに。でも、お客さんはお金を払って来てくれる。それに、皆、とにかく真剣だから。(ちなみにチケットの売り上げは寄付に回ります。)

 

BBCによると、イギリス国内には11,200ものアマチュアオーケストラが登録されているらしい。一番古いアマチュアオーケストラは150年の歴史があるそうだ。プロ並みにレベルの高いところもあれば、ほぼ全員初心者というところもある。

 

私が所属しているオーケストラはABRSMレベル8が必須条件、あとは簡単なオーディションがあった。メンバーは、現役の音大生が数人、音楽の先生が数人、あとは、日中まったく音楽とは関係のない仕事をしている人ばかり。リハーサルに参加するたびに、みんな上手だなあ、と素直に感動する。作品についての知識もすごい。

 

月並みな言い方だけれど、クラシック音楽に対しての敷居が低いのだろう。

 

個人的には、オーケストラの活動に救われている。仕事や家族のことで忙しく、思ったように練習できないけれど、オーケストラが無かったら毎日の生活がまったく違ったものになっただろうと思う。