イギリスのボーデイングスクール 学費

イギリスのボーデイングスクールの学費は高い。ただ、ボーデイングでなくても私立校の学費がそもそも高いので、通いの私立校に三食がついて、プラス学校の敷地内に快適な住環境が確保されることを考えると、仕方がないかもしれない。

 

娘はイギリス式の四年生でボーデイングスクールに入学した。大学に入学するまでボーデイングスクールに在籍するとなると、十年間をボーデイングスクールで過ごすことになる。

 

現在の学校を受験した頃は、無駄遣いをやめればなんとか何とかなるだろう、と気楽に考えていたが、入学時期が近づくにつれ、色々現実的になってきた。これから十年間、本当に学費を払い続けることができるのか、とか、もし、仕事がなくなったらどうする(イギリスでは十分ありえることなのだ)、とか、病気になったらどうする、とか。でも結局、案ずるより産むが易し、というか、心配しても仕方がないという結論に至った。

 

実際に娘が入学してからは、事前に覚悟していたよりもずっと多くの費用がかかることを痛感している。毎月の給料から学費を天引きしているのだが、手元に残る金額は寂しい。

 

そして、父母会や学校のイベントに参加するたびに、「学費ごときで悩んだことはありません」というオーラを纏っている親御さんに遭遇する。そして彼らが、南仏の別荘(城レベル)で夏を過ごす話などを聞くたびに、「うわー」と思う。

 

正直、「我々のようなサラリーマン家庭にボーデイングスクールは背伸びしすぎなんじゃないか」と思ったことも何度かある。ただ、落ち着いて周りを見渡すと、我々のようなサラリーマン家庭も半分ぐらい存在する。そして彼らは、我々と同じように、毎日の生活費を切り詰めたり、いつまでこの学費を払い続けることができるのだろう、という不安を抱えながら生きているのであった。

 

そして、我々のような家庭のことを考慮してくれているのかいないのか、イギリスの私立校には、数々の「救済措置」がある。もっともポピュラーなのは奨学金制度で、これは全額免除になる「アカデミックスカラシップ」から、年間の学費の10%から25%が免除になる科目別の奨学金制度(スポーツ、科学、音楽、美術など)がある。奨学金を受けるためには、当然のことながら奨学金審査にパスしなくてはならない。

 

また、優秀な学生に向けて、万一なんらかの理由で学費の支払いが難しくなった時のために、期間限定で学費が免除になったり割引になったりする制度もある。

 

我らの娘は、アカデミックに成功を収めるタイプではないんで、アートか音楽でスカラシップを取ってくれないかな、、と密かに願っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスで働く。転職活動。

以前にも書いたが、自分の仕事が危ういかもと感じたのと同じタイミングで転職活動を始めた。

 

日本に居ようがイギリスに居ようが同じだと思うが、まず、履歴書をアップデート。そして、元同僚の紹介で、数人のリクルーター(ヘッドハンター)と会った。

 

結果から言うと、もちろん状況によって異なると思うが、全く意味がなかった。

理由ははっきりしている。今回の転職活動にあたり、業種を「少し」変えたかったからだ。私が会ったリクルーターは全員、私が現在所属している業界の専門家で、紹介してくれる案件も全て同じ業界のものだった。

 

それとは別に、いわゆるLinkedInのような媒体を通じて、何人かのリクルーターからコンタクトがあった。これが結構「当たり」だった。私は、もともとソーシャルメデイアが嫌いで、LinkedInもプロフィール写真も載せず、ろくにアップデートもせず、、と言う酷い状態なのだが、なんと三ヶ月で七人のリクルーターがLinkedIn経由でコンタクトしてきた。そして、結果として、そのうちの一人のリクルーターの紹介してくれた企業から内定をもらうに至った。

 

よく言われることだが、リクルーターの当たり外れは結構激しい。今回も七人のうち三人は完全に「外れ」。でも、残りの四人は「大当たり」。とても優秀だった。

 

それはさておき、今になって考えると、顔写真も載せず、ろくにアップデートもせず、というのは正解だったかもしれない。七人のリクルーターが同じことを言った。「LinkedInからの私に関する情報が限られていたので、それが逆に実際に話をしてみたい、もしかしたら予想以上の成果が得られるかもしれない、と思わせた。」(これで私のアンチソーシャルメデイアぶりに拍車がかかる、、、)

 

そして、リクルーターとは全く別のルートでも、転職活動してみた。つまり、自分からアタック。(自分からアタックするのは中学校の卒業式以来。)前から気になっていた企業のサイトを片っ端からチェックして、興味のある職種に近い求人があるところに、自分から申し込んだ。結果は五社に一方的に履歴書を送りつけて、四社から返事があった。そのうち、二社から面接に呼ばれた。そして、そのうちの一社との面接は予想以上にうまくいき、現在最終ラウンド。

 

あと二週間もすれば、次の行き先が決まっていることだろう。どちらに決まっても嬉しいので、とりあえず今回の転職活動はうまく行ったということか。

 

ところで、イギリスで転職活動をしたのは初めてだったのだが、面接のプロセスで色々と学んだ。これは、今後、イギリスで就職活動したいと思っている人にも役立つかもしれないので、また日を改めて書こうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

イギリスのボーディングスクール。次の学校の受験準備。

土曜日に、娘の将来の学校の候補の一つ(あくまでも候補)の見学に行ってきた。(日本でいうところの中高一貫的な学校)

 

第一志望の学校見学に引き続き二校目の見学である。この学校は、知り合いで卒業生がいたり、友人の息子さんたちが通っていたりするということで(しかも、満足度がとても高い)半ば興味本位で見学を申し込んだ。

 

将来の学校見学をする際は、まずは親だけで、親が納得したら改めて子供を連れて再度見学、というのが一般的だ。なので、今回も私と夫の二人で参加した。

 

遠い。ロンドンの自宅から車で二時間弱。それだけで萎えた。もし娘が入学したら、毎月数回、往復四時間かけて送り迎えをしなくてはならない。電車も便利らしいが、最初の数年は一人で電車なんて無理だろう。

 

やっとのことで学校に辿り着くと、女生徒二人が出迎えてくれた。「制服が素敵!」(本当にくだらないと思いつつ、五年間ほぼ毎日着なくてはならないのだから、、大切。)娘から事前に制服をチェックするように念押しされていたのが、制服はクリア。

説明会が始まるまで、ちょっとした朝食のブッフェで、コーヒー(美味しい!前の学校よりも断然美味しい)とペイストリーをいただいた。(これも美味しい!)

 

校長先生(女性で、とても好印象)と教頭先生(男性、これまた好印象)の話が終わると、学内施設及び、ボーデイングハウスの見学だ。ボーデイングハウスのツアーには二人の女生徒が、学内施設は、二人の女生徒に男子生徒が一人加わった。

 

ボーデイングハウスの見学、個室、相部屋、勉強のための部屋、図書室、団欒のための部屋、などを見て回ったのだが、簡単に言うと、全く好きになれなかった。一校目とは全く違う。ただ、これは主観であって、単純に私の娘がこのボーデイングハウスで楽しい時間を過ごしているところが想像できなかった。夫がどう感じているか気になったが、ポーカーフェイスの夫からは、何も読み取れず。

 

続いて、学内施設の見学。

施設全般に関して言えば、こちらの学校の方が恵まれている。

スポーツセンター、サイエンスセンター、そしてDTセンターには度肝を抜かれた。大学並の施設。高い学費を徴収するだけのことはある。でも、もし、スポーツにあまり興味がなく、理系でもなかったら(まさにうちの娘なのだが)、、、と感じた。

 

学内見学にたっぷり二時間かけた後は、質疑応答、とブッフェ式の昼食だった。(昼食は大したことなかった。)

 

昼食後、あまりにボーデイングハウスの印象が悪かったので、別のボーデイングハウスを見学させてもらうことにした。結果として印象は変わらず。

 

全ての工程を終え、帰途に着く。車に乗り込んだ途端に夫が「無いわー」と言った。理由は、私が「無いわー」と思った理由をほぼ同じ。

 

職種も違う、性格も違う、しょっちゅう喧嘩ばかりの我々だが、たまには同じことを考えるもんだ。 ということで、娘を連れて、この学校を最後見学することは無い。

 

イギリスで働く 解雇されるまでの六十日間。カウントダウン始まり。その四。

解雇されるまでの六十日間のカウントダウンを始めたのが昨年の十月末。

 

六十日経ってしまったが、まだ解雇はされていない。でも、カウントダウンは続いている。人員整理の第二波がやってくるという噂が絶えないからだ。そして、自分が第二波に乗るであろうと確信している。人員整理をする企業側としては、その正当性を示すために、「対象となるポストが無くなった」ことを証明しなくてはならない。つまり、厳密に言えば、人員整理を行なった後に、新しく代わりの人を雇うなんていうのはNGだし、ポストが消滅したことが誰の目にも明らかにならなくてはならない。

 

そういう意味で言えば、私の仕事量は確実に減っているので、確実に人員整理の対象者としての道を歩んでいる。

 

で、備えあれば憂いなしということで、カウントダウンを始めたと同時に、つまりちょうど「その壱」を書いた頃に就職活動を始めた。

 

外国人、しかもEU圏外の国籍を持つ人間にとって、イギリスでの転職活動は簡単ではない。現在、イギリスで就労している日本人のほとんどは、Inter-Company、つまり同一企業内での異動(いわゆる駐在員もこれに当たる)でイギリスに転勤してきた人、イギリス人またはEU国籍保有者と結婚していてイギリスで就労する権利を有する人、または、イギリスの大学及び大学院を卒業し、そのまま就労ビザを取得した人に分類できるのではないか。私の就労ビザは一つ目、つまりInter-Companyだ。転勤の際に、夫と子供がイギリス国籍を有するので、家族ビザを取得することも検討したが、会社側からInter-Companyの方が簡単だし早いから、と言われたので、言われるがままにした。実際に申請からビザが自宅に届くまで三日しかかからなかった。

 

このビザだと企業内異動が原則なので、基本的に転職はできないことになっている。転職活動を始めると同時に、家族ビザに切り替えなくては、、と思いつつまだ切り替えていない。(弁護士を通すとこれまたすぐに取得できるが、結構な額を取られる。自分で地道にやれば良いだけなのだが、面倒臭い。)

 

ビザ、切り替えないと、、と思いつつ転職活動をしていたら、この度、新しい仕事が見つかってしまった。前から興味のあった企業ではあったので嬉しいが、ビザの件も含めて手続きが結構複雑そうだ。

 

そして、何よりも、人員整理の対象になることを心配していたはずなのに、今となっては、さっさと整理してほしいと思うようになってしまった。新しい仕事が決まり、それで、「パッケージ」がもらえるなんて嬉しすぎる。人員整理の発表は月末にされることが多いので、もしかして今週金曜日あたり?と思っているが、そんなにウマくいくかどうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスのボーデイングスクール 中学高校(?)受験

イギリスの教育制度は複雑だ。日本のように、公立私立を問わず、小学校、中学校、高等学校、大学とシンプルに四つに分かれているわけではない。だいたい、6-7歳から11-12歳の子供が通う、日本でいう小学校みたいなものも、公立と私立で呼び方が違う。当然のことながら、中学も高校も色々な種類がある。

 

私の娘はイギリス式の四年生の始まり(日本でいうと三年生の二学期)からボーデイングスクールに通っている。今は五年生の二学期(日本でいうと四年生の三学期)だから、入学して約一年半が経過したことになる。

 

四年生が終わる頃に、父母会(Future School Forum)があって、将来の学校を選ぶ際のポイント、受験に向けての準備などの説明を受けた。そして五年生が始まって間もなく、いわゆる進路担当の先生と面接(先生と親だけ)があった。

 

まず、将来の学校(Senior Schoolと呼ばれる中高一貫みたいなもの)について、具体的に考えている学校はあるか、と聞かれた。実際に考えていた学校は我々夫婦の場合、一校だけだったのでそう伝えたところ、先生からは、娘の成績、性格、学校での生活ぶりなどを全体的に考慮すると悪くない選択肢だと言われた。その上で、さらに四校おすすめの学校をリストにしてもらった。

次のステップとしては、まずは親だけで学校を見に行くように、そして、気に入ったら娘を連れて再度訪問すれば良いとのこと。

 

今の学校に入学してまだ一年ちょっとしか経っていないのに、もう、次の学校のことか、、、うんざりしたが、実際の入学試験は早い所では来年早々(つまり日本でいう小学五年生)に始まるので、仕方ないか。

 

進路説明会で興味深かったのは、子供にとっての学校を選ぶ際、男女共学か女子校/男子校かという選択肢は、優先順位を一番下にするべきだ、ということだった。「うちの子供はXXXな性格だから女子校がいい(またはその逆)」というのは、往々にして当たらない、それよりも、もっと大切な他の部分での学校の特性を見極める方が良いとのことだった。

 

 

 

 

 

イギリスのボーディングスクールの長すぎる休暇。

いよいよ、明後日の夜に娘がボーデイングスクールに戻ります。

12/15から1/10まで三週間半。楽しかったけれど、長かった!娘の休暇中、どう仕事をやりくりするかが、今回も頭痛の種だった。自分でも嫌になるが、いつまでたっても学ばない。。。

奇跡的に12/18から1/5まで冬休みを取れたのは良かったが1/9と1/10はどうしても出社せねばならず、いつもお願いしている音大生の女の子もオーデション直前で無理、結局自宅勤務することになった。他のお母さんたちはどうしているんだろう?と答えのない質問を毎度のことながら頭の中で繰り返す。

 

クリスマス休暇が終わっても、すぐに次の休み、ハーフタームが一ヶ月後に控えている。これは一週間。そして、三月にはイースター休暇が。これはまた三週間半。そしてまた一週間のハーフターム、そして、二ヶ月の夏休み。しょっちゅう休んでる!

実際に休みの長さについての不満は父兄から頻繁に上がる。共働きで、しかも親の実家に頼れない事情があると、チャイルドマインダーだとかキャンプだとかに多額をつぎ込むことになる。共働きでなくても、もし両親が海外在住の場合は、休暇のたびに、親がイギリスに飛んで、子供と休暇を過ごすか、またが子供が親の元に飛んで休暇を過ごすか、とフライト代がバカにならない。

 

このバカ高いボーデイングスクールの学費は一体どこに消えているのか、と思うのもごく自然なことだ。日割り計算すると恐ろしい。

 

 

イギリスで働く 解雇されるまでの六十日間。カウントダウン始まり。その参。

まだ残っている。

 

先日の上司との一対一の面談は上司の都合でキャンセルになった。そのあとは、私が忙しかったり、上司が出張に行っていたり、と面談はまだ実現していない。

 

そして、あと二週間もするとオフィス自体がクローズになる。(弊社は、オフィシャルには二十二日が年内最終日、私も含めて半数以上は二十日が最終日。)しかも、師走に入るや否や、オフィスが完全にクリスマスモードになっており、チームのクリスマスパーテイー、部署のパーティー、オフィス全体のパーテイーが立て続けにある。それに加えて、友人や家族とのイベント、子供がいる人は、学校のイベントもある。だから、人事部も上司も人員整理どころではない。

 

だから、きっと年内は生き残るだろう。当初の読みを後方修正しることにした。第一四半期ぐらいまでは生き残るかもしれない。それはそれでありがたい。

 

しかし、先日、変な話を聞いた。昨今のダイバーシティについての(時には過剰に思える)議論の高まりのおかげ(?)で、私のことは解雇しにくいのではないか、と弁護士をしている友人が言った。

 

そんな話をしてから改めてオフィスを見回すと、確かにアジア系、アフリカ系がいないのだ。イギリス社会の現実を完全に無視した人種構成。(ちなみに日本人は五百人の中で私一人だけ)私の勤めている業界は以前から、ダイバーシティについての批判(極度に白人に偏った構成)にさらされることが多かった。こんな状況でマイノリティである私を解雇したら世間から叩かれるリスクに無関心でいる人事はいないだろう、と。

 

そんなものか、と思いながら聞いていたが、正直、そんな理由で解雇されずに生き残ったとしても全く嬉しくないな、と思った。