イギリスのボーデイングスクール 中学高校(?)受験

イギリスの教育制度は複雑だ。日本のように、公立私立を問わず、小学校、中学校、高等学校、大学とシンプルに四つに分かれているわけではない。だいたい、6-7歳から11-12歳の子供が通う、日本でいう小学校みたいなものも、公立と私立で呼び方が違う。当然のことながら、中学も高校も色々な種類がある。

 

私の娘はイギリス式の四年生の始まり(日本でいうと三年生の二学期)からボーデイングスクールに通っている。今は五年生の二学期(日本でいうと四年生の三学期)だから、入学して約一年半が経過したことになる。

 

四年生が終わる頃に、父母会(Future School Forum)があって、将来の学校を選ぶ際のポイント、受験に向けての準備などの説明を受けた。そして五年生が始まって間もなく、いわゆる進路担当の先生と面接(先生と親だけ)があった。

 

まず、将来の学校(Senior Schoolと呼ばれる中高一貫みたいなもの)について、具体的に考えている学校はあるか、と聞かれた。実際に考えていた学校は我々夫婦の場合、一校だけだったのでそう伝えたところ、先生からは、娘の成績、性格、学校での生活ぶりなどを全体的に考慮すると悪くない選択肢だと言われた。その上で、さらに四校おすすめの学校をリストにしてもらった。

次のステップとしては、まずは親だけで学校を見に行くように、そして、気に入ったら娘を連れて再度訪問すれば良いとのこと。

 

今の学校に入学してまだ一年ちょっとしか経っていないのに、もう、次の学校のことか、、、うんざりしたが、実際の入学試験は早い所では来年早々(つまり日本でいう小学五年生)に始まるので、仕方ないか。

 

進路説明会で興味深かったのは、子供にとっての学校を選ぶ際、男女共学か女子校/男子校かという選択肢は、優先順位を一番下にするべきだ、ということだった。「うちの子供はXXXな性格だから女子校がいい(またはその逆)」というのは、往々にして当たらない、それよりも、もっと大切な他の部分での学校の特性を見極める方が良いとのことだった。

 

 

 

 

 

イギリスのボーディングスクールの長すぎる休暇。

いよいよ、明後日の夜に娘がボーデイングスクールに戻ります。

12/15から1/10まで三週間半。楽しかったけれど、長かった!娘の休暇中、どう仕事をやりくりするかが、今回も頭痛の種だった。自分でも嫌になるが、いつまでたっても学ばない。。。

奇跡的に12/18から1/5まで冬休みを取れたのは良かったが1/9と1/10はどうしても出社せねばならず、いつもお願いしている音大生の女の子もオーデション直前で無理、結局自宅勤務することになった。他のお母さんたちはどうしているんだろう?と答えのない質問を毎度のことながら頭の中で繰り返す。

 

クリスマス休暇が終わっても、すぐに次の休み、ハーフタームが一ヶ月後に控えている。これは一週間。そして、三月にはイースター休暇が。これはまた三週間半。そしてまた一週間のハーフターム、そして、二ヶ月の夏休み。しょっちゅう休んでる!

実際に休みの長さについての不満は父兄から頻繁に上がる。共働きで、しかも親の実家に頼れない事情があると、チャイルドマインダーだとかキャンプだとかに多額をつぎ込むことになる。共働きでなくても、もし両親が海外在住の場合は、休暇のたびに、親がイギリスに飛んで、子供と休暇を過ごすか、またが子供が親の元に飛んで休暇を過ごすか、とフライト代がバカにならない。

 

このバカ高いボーデイングスクールの学費は一体どこに消えているのか、と思うのもごく自然なことだ。日割り計算すると恐ろしい。

 

 

イギリスで働く 解雇されるまでの六十日間。カウントダウン始まり。その参。

まだ残っている。

 

先日の上司との一対一の面談は上司の都合でキャンセルになった。そのあとは、私が忙しかったり、上司が出張に行っていたり、と面談はまだ実現していない。

 

そして、あと二週間もするとオフィス自体がクローズになる。(弊社は、オフィシャルには二十二日が年内最終日、私も含めて半数以上は二十日が最終日。)しかも、師走に入るや否や、オフィスが完全にクリスマスモードになっており、チームのクリスマスパーテイー、部署のパーティー、オフィス全体のパーテイーが立て続けにある。それに加えて、友人や家族とのイベント、子供がいる人は、学校のイベントもある。だから、人事部も上司も人員整理どころではない。

 

だから、きっと年内は生き残るだろう。当初の読みを後方修正しることにした。第一四半期ぐらいまでは生き残るかもしれない。それはそれでありがたい。

 

しかし、先日、変な話を聞いた。昨今のダイバーシティについての(時には過剰に思える)議論の高まりのおかげ(?)で、私のことは解雇しにくいのではないか、と弁護士をしている友人が言った。

 

そんな話をしてから改めてオフィスを見回すと、確かにアジア系、アフリカ系がいないのだ。イギリス社会の現実を完全に無視した人種構成。(ちなみに日本人は五百人の中で私一人だけ)私の勤めている業界は以前から、ダイバーシティについての批判(極度に白人に偏った構成)にさらされることが多かった。こんな状況でマイノリティである私を解雇したら世間から叩かれるリスクに無関心でいる人事はいないだろう、と。

 

そんなものか、と思いながら聞いていたが、正直、そんな理由で解雇されずに生き残ったとしても全く嬉しくないな、と思った。

 

 

 

 

 

 

 

伝説のセレクトショップ、コレット・パリ。

半分仕事、半分休暇でパリに行ってきた。早々に仕事を片付けて、残りの二日は、サンローラン美術館、ディオール展覧会をチェックし、コメディフランセーズで観劇し、学生の頃から通っているレストランで食事をし、そしてコレット・パリに行くという五点盛り。なんとか全て詰め込み、ギリギリ、ロンドンに帰るユーロスターに間に合った。

 

コレット・パリが閉店するという。ただのセレクトショップでなく、ある意味、文化の発信地でもあった伝説の店。オープンしたのは1997年、私がパリで学生をしていた頃だ。店内にいるだけで、感度が高くなったような錯覚を起こさせてくれた。(高くて何も買えなかったけれど。)

 

パリで仕事をするようになって10歳のコレットに戻った。そこで、クレジットカードの請求書を心配しながら、コレットとコムデギャルソンのコラボレーションのTシャツを買った。Tシャツのくせに日本円で5万円近くした。大切に大切に着ていたのに、5年前に出張でホテルに宿泊した時にランドリーサービスに出したら、変色して、キラキラも剥げてしまっていた。泣く泣くお釈迦にしてしまった。

 

そしてさらに10年後、コレットが20歳になって2017年。閉店前に見納め。

ものすごい人混み。しかも寒くてみんな着ぶくれているので、動きづらい。そしてなんだか埃っぽい。品揃えは相変わらず面白いけれど、以前のような心地よいショックはなかった。とにかく二階に上がる階段にたどり着くまでに、人混みをかき分けて。。。年のせいもあるのだろうが、元々人混みを見た瞬間、全てのやる気が失せる、さらに、マナーの良くない人を見ると、心がトゲトゲする。二階に上がってみたものの、しかも、シャネルとのコラボが興味深かったものの、五分もしないうちに降りてきてしまった。

 

コレットに敬意を表して、告白すると、「もうこれは素敵すぎる!さすがコレット!」と唸ったシャツがあって、多分五年前の私だったら迷わず買っていただろうが、買わなかった。ボーディングスクールのバカ高い学費、住宅ローンのことを考えると、とてもじゃないが買えない。

 

結論から言って、期待していたほど楽しめなかった。その原因はなんだろう。

まず、(例のシャツ以外は)「こんなの見たことない、すごい!」と思うアイテムに出会わなかったこと。どこかで見たことがあったことがあるモノが多かった気がする。そして、とにかく人がすごくて、ゆっくり店内を見て回るなんて気持ちにならなかったこと。「コレットはもはやパリの観光地なのだ」と思った。そして、人の多さにも関連しているが、たくさんの商品が可哀想な状況になっていたこと。店内に並ぶ商品は、もちろんお客さんが自由に手にとって見ることを想定している。でも、私は、そこにお店に対して、スタッフに対して、そして商品に対してのリスペクトがあるべきだと思っている。間違っても、チョコレートがついた指で白いTシャツを触るべきではない!

 

そして、最後に認めたくないが、もうひとつの理由。私が年をとったのだろう。思ったより楽しめなかったのも、私の感度が鈍りまくっているからかもしれない。気をつけないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスのボーディングスクール 食生活。

日本人として和食で育ち、和食の素晴らしさを知っているだけに、どこに住んでいようと自分の子供にも和食を、と思う日本人の親御さんは多いと思う。特に、イギリスの食事情は(一昔前に比べて格段に改善されたとはいえ)、健康的とは言えない。個人的には、砂糖の消費量が半端ではないこと、お菓子が気持ち悪いほど甘いことがとにかく気にくわない。

 

ボーディングスクールに入学する前は、和食中心、そして、お菓子も基本的には週末だけ、みたいにそれなりに気をつけていたのだが、、、。

 

ここからは、「我が校は食事に気を使っています!」とアピールしている学校の話。

 

まず、和食が出てくることは無い。たまに、アジア料理と称してインド風のカレーが出たりするみたいだが、和食は絶対に出てこない。基本的には「西洋の料理」だ。イギリスの学校の中ではかなり国際色豊かで、日本人を含む様々な国籍の子供達がいるのにも関わらず。

 

パンの量が多い。サンドイッチやらトーストやら、パンばっかり。

 

果物の摂取量は多い。これは嬉しい。

 

(我が娘のように)食いしん坊は好きなだけお代わりできてしまう。

 

ベジタリアンだけでなく、いろいろな宗教に合わせた食事も選べる。また、各種アレルギーに対応したメニューが常に選択可能。

 

ボーディングスクールなので、当然、朝昼晩、三度の食事を学校で食べるわけだが、朝食と昼食、昼食と夕食の間に、Bun Breakと呼ばれる、おやつの時間がある。そこでは、果物、トースト、チーズサンドイッチなどが出てくる。さらに、Tuckというものがあって、これは有料なのだが、週に二回、チョコレートやビスケットなどの、市販のお菓子を購入できるチャンスがある。購入した分だけ、学期末に請求される。

 

前学期末に請求書を見て、腰を抜かしそうになった。娘は調子に乗ってTuckで散財しているではないか!確かに、夏休みで帰ってきた娘が、ものすごくムチムチしているのを見て、「あーやっぱり。」と思った。きっと、食欲に任せて、サンドイッチやらトーストやら好きなだけ食べているのだろうな。しかも、夫が典型的なアングロサクソンの大きい人といった体型なので、日本人は太りにくい、という伝説も全く通用しないのだ。日本人DNAが半分しかないのだから。

 

よし、二ヶ月の夏休みで、和食を思い切り食べさせてあげよう、炭水化物(特に小麦)に侵食された娘の胃袋を改善しなくては、と張り切った。その効果か否か定かではないが、二ヶ月で、なんとなくスッキリした。

 

しかも、夏休み明けに学校に戻る際、Tuckは一週間に一個だけ、と約束させて。今の所、ちゃんと守っているようだ。

 

さて、次の関門はクリスマス。これからクリスマスに向けて、ボーディングスクールでは毎週のように、クリスマスパーティーやらクリスマスディナーやら開催される。そして、クリスマス休暇は、夫の実家に帰り、和食とは縁遠い食生活になるのだ。。。(嘆息)

 

 

イギリスのボーディングスクール 親同士の付き合い。

親同士の付き合いが得意か苦手かと聞かれたら、迷わず苦手だと答える私。

 

なぜか。一番の理由は、当たり障りのない会話が苦手だから。何を話していいのか分からない。でも沈黙にも耐えられず、焦って適当に話題を見つける。それでいて、取り繕った話題のくだらなさに自己嫌悪に陥る。

 

そんな私にとって、娘がボーディングスクールに通っているのは都合が良い。なぜなら、親同士の付き合いが極度に限られているから。まず、娘のボーディングハウスに限って言えば、半分以上の親御さんがイギリス国外に住んでいて、滅多に顔を合わせることがない。年に二回か三回。だから久しぶりに会うと懐かしさが手伝ってくれて、それなりに話が弾む。

 

ディスクールの生徒(自宅から通っている生徒)だと、毎日の送り迎えがあるので、しょっちゅう顔をあわせる。挨拶だけというわけにはいかないだろう,

母語でも難しいのに外国語で世間話(Small TalkとかChit Chatと言う)をするのは苦しい。

 

もう一つ、個人的にホッとしているのは、親の参加が求められる行事や会議が極端に少ないことだ。ボーディングの生徒たちのことを考えれば当然だろう。自分の親はいつも学校行事に来ない、というのは子供にとって寂しいことだから。たとえ、イギリス国内、オックスフォード近郊に住んでいたとしても、仕事をしていると学校行事への参加は当然難しい。その辺りは学校側も分かっていて、親の関与は基本的に期待されていないと感じる。

 

私は、すぐに色んなことに罪悪感を感じてしまう性格なので、ちょうどよかったということか。

 

 

 

 

イギリスのボーディングスクール 歴史教育

 

二週間のハーフタームが終わり、お決まりのボンファイアナイト*に参加して娘をボーディングハウスに送り届けた。

 

今年のハーフタームは娘と日本に一時帰国して、秋の味覚を堪能しすぎた。日本に行く前に、娘をどこに連れて行こうかと考えていたのだが、江戸東京博物館に連れて行きたかった。私の好きな博物館の一つでもある。

 

でも結局行かなかった。第二次世界大戦の展示での娘の反応を心配したからだ。

 

ハーフタームが始まって間もない頃、娘とお茶を飲んでいたら、娘が急に「日本は第二次世界大戦で酷いことしたんだね。」と寂しそうに言い出した。どんな会話の流れで大戦の話になったのかは定かではないのだが、ハーフタームの直前の歴史クラスのテーマが第二次世界大戦だった。(イギリスでは、日本のように時系列的に古代から歴史を学ぶということをあまりしない。毎学期ごとにテーマがあって、それを掘り下げて行く。昨年は、ギリシャで始まり、産業革命、第一次世界大戦だった。)

 

「あ、そうか、外国で歴史を学ぶというのはこういうことなのか」というのが私の最初の反応だった。国が異なれば、歴史の教え方が異なるのは当然だ。私は第二次世界大戦を学んだ時は日本にいた。私はラッキーだった。高校の世界史の先生が教科書に書いてないことばかり教えてくれた。受験用の世界史の勉強は勝手に家でやってくれと言われたことを覚えている。

 

娘の学校はイギリスにあってイギリスのカリキュラムに沿った教え方をしている、と言っても、クラスの半数は、外国籍、片方の親が外国人、または外国生まれ外国育ちという背景の生徒で構成されている。歴史、特に複数の国の事情が入り組んでいる近代史をどう教えるのだろうと興味が湧いてきた。

 

そこで、好奇心の赴くままに、歴史の先生にメールをして率直に聞いてみた。彼女からの返事がなかなか面白かったので紹介したいと思う。

 

「私が生徒たちにまず伝えたいのは、歴史は真実ではないということです。歴史=History=Histoireつまり、歴史には多かれ少なかれ物語的要素が含まれると思っています。物語を語るときには個人の主観が入るように、歴史にも個人の主観、解釈が混ざります。例えば、第二次世界大戦で原子爆弾が広島と長崎に投下されたというのは事実ですが、その事実の裏に隠れた理由の解釈は何通りもあると思っています。私は歴史の授業を通じて生徒たちに『なぜこれが起こったのか』を自由に考えるように、と言っています。そしてなぜそう思うのかを自分の言葉で説明することの大切さを学んで欲しいと思っています。ご家庭でもどんどん歴史の話をしてください。」

 

残念なことに、この返信は我々がロンドンに戻ってきてから届いたので、江戸東京博物館には行かずじまい。行けばよかったと後悔した。

 

*ボンファイアナイト 別名 ガイフォークスナイト 

https://ja.wikipedia.org/wiki/ガイ・フォークス